【ネメシス】シルビアは『あぶ刑事』で使われていた車?

スポンサーリンク
ドラマ ペット
Pocket

【ネメシス】シルビアは「あぶ刑事」で使われていた車?

日曜の人気ドラマ『ネメシス』でタカとユージが乗っている車:シルビアは『あぶない刑事』で使われていた車だった?

今回のドラマでは、そこここに、『あぶない刑事』が見え隠れしますが、とうとう車まで同じ車種が登場しました。

販売はとっくに終了している昭和の車です。そこまで『あぶない刑事』にこだわる今回のドラマ『ネメシス』今回は、車シルビアについて調査してみました。

『あぶない刑事』でも登場していたシルビア!

そもそも『あぶない刑事』ってなに?ってなりますよね。

1986年~1987年に放送されていた人気テレビドラマで、その後は、『もっとあぶない刑事』『もっともあぶない刑事』と続編が放送され当時は本当に話題のドラマでした。

タカ&ユージ

神奈川県警の刑事のコンビをかっこよく決めるタカ:鷹山俊樹(舘ひろし)とユージ:大下勇次(柴田恭兵)が、派手なカーアクションや、犯人を追う颯爽とした姿が人気で、30年に渡りテレビや映画でシリーズ化された今では考えられない長さの放送でした。

水戸黄門、ドラえもん並みに長編ですよ、ビックリですよね。

今回『ネメシス』では、タカとユージのサングラス姿や、当時『あぶない刑事』で使用されていた車が登場したりと一体だれをターゲットにしたドラマなのでしょうか?

『あぶない刑事』は1986年は、もう35年も前で、当時7歳の小学生だったとしても、今42歳です。『あぶない刑事』を見ていた世代をターゲットにしているとするならば、42~60歳を視聴者に見据えているのでしょか?

だとすると、嵐の櫻井翔さん、広瀬すずさんのっような若い二人をキャストにして、40~60代に、響くのでしょうか?

視聴者の年齢層が気になりますね。どうなっているのでしょうか?

例えば、10~20代の若者が見ているとすれば、『あぶデカ』は響かないですよね。そもそも何のことなのか知らないと思いますから。

では、45~60代のお母さん世代、嵐ファンが見ているとするならば、『あぶデカ』は、かなり懐かしく思えるシーンが理解してもらえるのかもしれません。

お母さん、お父さん世代と20代の娘が一緒に見るドラマとして視聴者ターゲットを絞っているのでしょうか?

だとすれば、家族で見るドラマとしてありなのかもしれませんね。

1982~1988年まで日産から発売されていた4代目シルビア

当時も20代に人気の車で、当時はたくさん走っていました。

今も大事に乗ってるファンもいるほど、最近では、盗難のニュース動画が出ていたりして、盗んでも欲しい車なんですね。(盗んじゃダメですけど)

まとめ

今回は、「ネメシス」に出てきた車、シルビアについて、『あぶない刑事』との関係を深堀してみました。

今後もどんな展開なるのか、20年前の真相がだんだんと迫ってきて、面白くなってきましたね。

次回がどんな内容なのか、いまから楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました